【注意】首イボの3つの治療方法とそのリスクとは

首イボを確実に治療するなら皮膚科や美容皮膚科への通院が最も確実です。ですが、治療によってはリスクもありますし、値段も高額になります。首イボを皮膚科で治療するなら、事前にリスクや価格を把握した上で治療に望みたいですよね。そんなあなたに向けて、首イボを皮膚科で治療する場合の3つの治療法とそのリスクについて徹底調査しました!是非参考にして下さい!

 

.

首イボの皮膚科で行われる3つの治療方法をまとめてみた

首イボ治療のために皮膚科に通院して行われる治療方法は主に次の3つです。

 

  1. 液体窒素療法
  2. CO2レーザー
  3. 高周波ラジオ波メス(電気メス)

3つの治療方法について表に纏めてみました、簡単に説明すると液体窒素療法は、主に皮膚科で行われる治療で最も安価ですが色素沈着のリスクが高いです。CO2レーザーと高周波ラジオ波メスは美容皮膚科で行われる治療で高額ですが色素沈着のリスクが少なく再発のリスクも少ないです。

 

液体窒素

電気メス(焼灼療法)

CO2(炭酸ガス)レーザー

画像

 

 

 

痛み

強い

ほとんど無し

ほとんど無し

色素沈着

する

しない

しない

通院回数

3〜5回

(初診+再発分)

2〜3回

(初診+経過観察)

2〜3回

(初診+経過観察)

 

肌色回復期間

人によっては1年以上

1~2週間:皮膚再生

1月〜1年:肌色回復

1~2週間:皮膚再生

1月〜1年:肌色回復

保険適用可否

不可

不可

治療費

10個未満:800円程

10個以上:4000円〜

300円〜5000円/1個

+麻酔代5000円程度

※安いクリニックはアフターケアの期待薄

300円〜5000円/1個

+麻酔代5000円程度

※安いクリニックはアフターケアの期待薄

 

表を見て頂ければ分かるかと思いますが、首イボに対して液体窒素療法はオススメ出来ません。色素沈着のリスクがあるからです。首は顔に次いで人の目線が行きやすい部位です。首元が色素沈着だらけで汚くて暗い色だと、引きずられて顔まで暗い印象に見えるようになってしまいます。ですから、なるべくなら美容皮膚科で炭酸ガスレーザーか電気メスでの治療をお勧めします。

 

美容皮膚科での治療での問題点は費用がとても高額になる事です。だいたい首イボ1個当たりの価格での精算になるので、安くても3万円程度通常5万円程度かかる場合が多いです。正直お財布事情を考えると命にかかわるわけでない首イボにそんな大金出せないと言う人が多いと思います。

 

そこで、オススメするのが首イボクリームです。もちろん、色素沈着のリスクも少なく即効性のある炭酸ガスレーザーと電気メスでの治療が最もオススメ出来る方法なのですが、通院にかかる時間や高額の治療費の事を考えると万人にオススメ出来る方法だとは思えません。首イボクリームでケアすれば少々の時間はかかりますが、自宅で比較的安価に色素沈着無く首イボをケア出来ます。自宅でケアできるというのも多くの人にとって楽で良いのではないでしょうか?次の見出しでは、オススメの首イボクリームについても紹介していきます!
.

首イボを自宅で簡単に治したいならシルキースワンがオススメ!

自宅で、比較的安価に、色素沈着のリスク無く首イボをケアできる首イボクリーム。特にオススメの商品はシルキースワンです。シルキースワンは比較的後発組の首イボクリームで、先に販売された人気商品の欠点が補われているためとても優れた商品です。特徴的なのは、Wヨクイニンです。通常の首イボクリームは即効性の高い水溶性か持続性の高い油溶性の油溶性どちらかしか含まれていません。シルキースワンは油溶性と水溶性どちらのヨクイニンも配合されているためヨクイニンのターンオーバー調整機能が速効で効き始めて長く続きます。

 

また、アンズ種子エキス(パーシック油)が配合されているのもポイントです。アンズ種子エキスは角質軟化作用があり、古い角質の塊である首イボを軟化させてくれます。軟化した首イボをヨクイニンのターンオーバー調整機能で促進されたターンオーバーが押し出す事で首イボがぽろっと取れる訳ですね!!

 

首イボクリームで最もオススメのシルキースワンですが、期間限定で初回1777円(税別)キャンペーンが行われています。いつ終了するかわかりませんが、通常なら5400円する商品が1777円(税別)で購入出来るチャンスです。首イボクリームに少しでも興味がわいた方は試してみてはいかがでしょうか?どうせランチ1回分程度の価格なので損はしないと思いまよ!